ANA特典航空券とニューヨーク旅行情報ブログ🗽

ANA特典航空券とニューヨーク旅行情報ブログ

種類がありすぎて本当に困る‼︎たくさんあるANAカードを比較♬

 

こんばんわチャックバスです♬

 

みなさん、マイルは貯まり始めていますか??

 

ポイントサイトの活用によってソラチカルートがあるうちにマイルをガンガン貯めていきましょう!

 詳しくはこちらからどぞ♬

 

chuckbassnewyork.hatenablog.com

 

 

chuckbassnewyork.hatenablog.com

 

では本題に入っていきしょう!!

 

ANAクレジットカードは本当に種類が多くて。

選ぶのに困りますよね!

 

私たち陸マイラーはマイルを効率よく貯めるには??という事ですよね♬

 

私達、陸マイラーにとって持つべき第1のクレジットカードはこれです♬

 

f:id:Chuckbassnewyork:20170913134307j:plain

ソラチカカード



ポイントサイトの活用により年間20万マイルを貯める事は、もうすでに話した通りです!

 

カード決済もマイルに交換して、保有マイルをさらに増やしていきたいと思う方もいると思います!

 

しかし、カード決済で貯めるマイルには限界というものがあります!

当たり前に考えて、決済によってマイルを貯めるという事は、1万円決済して100マイルです。

 

年間100万決済=10000マイル

年間200万決算=20000マイル

年間300万決済=30000マイル

 

実際、私も普通の会社員です。

年収もたいした事はありません。

正直、300万なんて年間で決済できない。もしろそんなに使いません!!という感じです!

 

いろんな決済を集めたとして100万〜150万くらいじゃないでしょうか??

 

私は多分そのくらいと思います!!

 

やはり、クレジット決済でマイルを貯めるには限界がありますね。

 

陸マイラーにとってANAクレジットカードはソラチカカードは間違いなく発行すべき、クレジットカードです!

 

これもANAのクレジットカードです!!

 

こればっかりは年会費2100円を差し置いても発行する価値があります!初年度年会費無料です。

 

このソラチカカードは、決算用ではなく完全に死蔵カードで、メトロポイントサイトを利用の為に保有します。

 

それでは普段利用の決済クレジットカードとして何が1番かというと💡

 

chuckbassnewyork.hatenablog.com

 

こちらですね!

還元率1.72%を現実にするカードです!

上記のブログにて、年会費を減額させるマイすペリボの利用の仕方も紹介してます♬

 

ですので

結論から言うと保有すべきカードは💡

 

ソラチカとANAVISAワイドゴールドカードですね♬

 

クレジット決算などいらん!!

という方はソラチカのみ、もしくわ、旅行先のホテルの費用を減額等ができるSPGアメックスですね♬

 

 

chuckbassnewyork.hatenablog.com

 

ANAカードの基本的な知識を紹介

 

それでは上記以外のANAクレジットカードを見ていきましょう!!

 

1 ANA一般カード(年会費2000円〜70000円) 

2 ANAワイドカード(年会費7250円)

3 ANAワイドゴールドカード(14000円〜31000円)

4 ANAプラチナカード(年会費75000円〜166000円)

 

ANA一般カードの特徴

 

f:id:Chuckbassnewyork:20170914225458j:plain

 

一般カードの種類はVISA、Master,Suica,TOP&Clud,JCB,JCBZERO,ソラチカ、アメリカンエキスプレスの合計8枚。

これらのうち、年会費が無料なのはJCBZEROだけです、しかし、マイルの還元率は0.5%と非常に悪いです。そのほかは基本1.0%です。

年会費とは別にマイルの移行費用が必要です。

SPGアメックスを保有してる私からすると考えられません。

JCBZEROを持つ理由は見当たりません。

 

f:id:Chuckbassnewyork:20170915201547j:plain

 


  私自身保有はしてませんが、ジェケ(見た目)が好きなカードです。

年会費が高いアメリカンエキスプレスですが、値段は7000円、ポイント移行に6000ポイントコースに登録するとポイントの有効期限がなくなるというカードです!

長期的にコツコツポイントを貯めてマイルに交換という方はいいかも、しれませんが、運転コストが13000円となりますので、うーんという感じですかね。

 

f:id:Chuckbassnewyork:20170915202310p:plain

 

 その他のANA一般カードのうち、三井住友カード発行する4枚は、マイペイすリボに登録して年に最低1回決済に使えば、年会費がVISA、Master,は1025円、SuicaとTOP&ClubQは751円まで割引きされます。

 

 

そしてさらに、毎年、継続ボーナスとして1枚につき1000マイルもらえます。バイマイルとしては1マイル=0.96円なので、ただ死蔵カードとして置くというのも無しではないですね。

しかし、クレジットカードをたくさん発行して全く利用しないはあんまり良くないです!

じゃあ、どうするか?

 

また別の記事に詳しく書きますが、アマゾンギフト15円をすべてのカードで2ヶ月に1度くらい買いましょう♬

 これで無駄にクレジットカード審査に落ちる事はありませんし、アマゾンで使えるの実質無料です♬

全部やって年間、たいした金額になりません。

 

話を戻しますと、継続マイルは、ポイント交付されるではなくANAマイルに直接振り込まれることになります。

 

継続ボーナスマイルも欲しい!!(。◕ ∀ ◕。)

 

いつ発行するか??

 

わかりますね?私は陸マイラーです♬

 

ポイントサイトの案件を見て条件をいい時に発行しましょう♬

 

注意点としてANAワイドゴールドカードとANAVISA一般カードは修復保有はできません。

ワイドゴールドを保有する場合は、その他ブランド(Master,Suicaなど)で発行しましょう♬

 

 

f:id:Chuckbassnewyork:20170915203914p:plain

 

ANAJCB一飯カードは年会費の割引はありませんが、毎年2000円で継続ボーナスマイルが1000マイルなので、1マイル2円になります。

これもポイントサイトで狙っていきましょう!

 

ANAワイドカード

 

f:id:Chuckbassnewyork:20170915204313p:plain

 

このANAワイドカード、WIDEの文字がダサいですねw

 

陸マイラーの私たちにとっては恩恵はほとんどなくオススメできる要素はゼロです。

 

特徴としては

 

・フライトマイルが積算率が一般カードが10%に対してこちらは25%

 ・ゴールドカードと同じくらいの付帯保険がある

・新規入会時と毎年の継続ボーナスマイルが一般カードの倍2000マイル

・マイル移行手数料は一般カードと同じ

・国際線搭乗時、ビジネスチェックインカウンターが利用可能(これ必要か?)

 

 普段からANAを鬼のように利用し、空港でもANAショップも利用するし。でもゴールドの年会費は厳しい方はこちらでもいいかな💡です

陸マイラー向きではなく空マイラー向けですかね。

 

年会費は7250円結構します。JCBだと5000円、VISAだと6000円のマイル移行の手数料が必要です。

 

あれ??ゴールドでいいんじゃない??って声が聞こえてきそうですね。

その通りです。

 

年会費とマイル移行費はセットで考えましょう♬

 

ANAカードは年会費単体で考えると、このカードを発行して良いのかよく分からないって気がしてきます。

私たちは陸マイラーです!どうやってマイルを貯め、そしてそこにいかに費用をかけないと💡ということですね。

したがって、年会費とマイル移行費は別々に考えるのではなく、一緒に考えてお得になるか、意味があるかを考えて発行しましょう!

 

例としては。

 

ANAVISA Suicaカード

年会費751円+移行費6000円=6751円

 

ANAVISAワイドカード

年会費6275円+移行費6000円=12275円

 

ANAVISAワイドゴールドカード

年会費9500円+移行費0円=9500円

 

マイルを貯めるという観点からは計算見てもらえば一目瞭然ですね。

しかもマイペイすリボとウェブ明細などを利用するとさらに年会費は下がります。

 

 

ANAワイドゴールドカードの保有メリットを紹介♬

 

f:id:Chuckbassnewyork:20170915210227p:plain

f:id:Chuckbassnewyork:20170915210249p:plain

 

f:id:Chuckbassnewyork:20170915210643p:plain

 

ANAワイドゴールドカード保有にあたって、忘れてはいけないメリットの一つとして、ANAマイルからANAスカイコイン交換率がアップすることです!

 

一般カードの場合、交換率は1.5倍です。

ゴールドの場合、交換率は1.6倍です。

 

微々たるものじゃん!!

と思うかもしれせんが交換が大きくなるとこの誤差が大きくなります!

スーパーフライヤーズカード(SFC)を狙う方などは、よく確認してください。

 

またこのSFCを狙う場合は最終的にSFCゴールドに切り替える方がほとんどだと思います。ANAワイドゴールドを先に発行したのちに審査なしで切り替えというのが王道パターンです。

 

最後にかるーくみて欲しいプレミアムカード

 

f:id:Chuckbassnewyork:20170915211420p:plain

 

富豪向きのプレミアムクレジットカード。

このカードは年会費も75600円〜167400円となります。

 

f:id:Chuckbassnewyork:20170915211653p:plain

 

このカードを保有するだけで上級会員でなくても国内のANAラウンジが利用できます!国内だけかい!!!

とツッコミを入れたくなりますね。

その他にはコンシェルジュサービスを受けてみたい方には良いかと思います。

 

ANAカードの国際ブランド別の特徴!

 

三井住友カード発行するカードです。ANA一般カードからゴールドカードまで、『マイ・ペイすリボとWEB明細サービス』の利用により、年会費が抑えられ、マイル還元率まで上げられるのが大きなメリットですね。

また海外旅行先で私の印象ですと、VISAで断われた事がありません。

やはり、発行するならVISAですかね。(個人的な意見です)

 

ではJCBはというと??

 

私が見解ですと、JCBはラウンジ、トラベルデスクが本当に助かるということですね。

私がニューヨークで白タク詐欺に遭い、頼った先はJCBトラベルデスクです。本当に助かりました!!もちろん日本人の方です。

 

 

最後にマイルとホテル代を加味したクレジットカード

 

これは他の記事にもしている。

SPGアメックスクレジットカード♬

 

f:id:Chuckbassnewyork:20170901212815j:plain

 

ポイントサイトの利用でマイルは大丈夫という方はこちら検討して見たらどうでしょうでしょうか?

これは特典航空券のビジネスクラスで海外旅行に行き、その先のホテルに特化したクレジットカードです。

 

 

 

chuckbassnewyork.hatenablog.com

 

 

chuckbassnewyork.hatenablog.com

 

chuckbassnewyork.hatenablog.com

 

この3つの記事にすべてのメリット書かれています。

長いですので時間がある時によんで見てください!

 

このクレジットカードの弱点は2つです。

 

1 年会費が高い(31000円)

 

実はもう一つあります。

 

2 日本でアメックスブランドが使えない所がまぁまぁある。

 

Apple Payの登場によりSPGアメックスを携帯に登録することにより、クイックペイが使える所だとSPGアメックスは使えます。

ですが、確かに以前よりは使える所が増えましたが、自分の感覚ですと、まだVISAに比べると使えないという所が結構ざらにあります。

 

私自身保有している感想です。

 

なので何が言いたいかというと💡

 

ANAワイドゴールドカード(VISA)を発行を検討しています!!

 

今回のブログは以上となります!

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

読者になって頂くと私のモチベーションがぐぅーーーーーっと上がりますので登録お願いします!

 


ニューヨーク旅行、番外編!!ナイトクルーズ1時間の紹介(。◕ ∀ ◕。)

youtubeにて初めてのニューヨークをテーマに動画を配信しています♬

よかったら見てください♬